お金と仕事の役立ち経験談ブログ

今までの経験なども交えて記事にします

プログラミングスクールで学ぶうえで大切なこと

プログラミングを学ぼうと決意したあなた!!

すごいいいことだと思います。。

 

実際にWEB系スキルは需要もあり供給が少ないので

稼ぎやすく価値のあるスキル取得になると思います。。

 

その中で独学かスクールに通うか迷う方も多いと思います。

どちらがいいかは人それぞれになる部分もありますが

私の経験からは

【ある程度は自分でして、自分で解決できなくなればスクールに通う】

がベストだと思います。。

 

未経験と未勉強は全く別物です

そしてプログラミングは独学でマスターする前に9割挫折すると

言われているので、解決できなければ無理せずスクールに通う方が無難です。

 

ではスクールで学ぶうえで大事なこととは??

主に3つあります!!

 

f:id:honobonomag:20211206150946p:plain

 

1、とりあえずアウトプットする

これは日本人に多い傾向ですが、課題や仕事を100%こなそうとします。

それが一概に悪いとは言いませんが、プログラムのスクールには

基本期限があります。

ですので100%を求めてプログラミングの課題をこなそうとしても

時間が足りません。

折角プロに質問できる時間があるのにそれはもったいないです。

 

ですので70%くらいの完成度で提出【アウトプット】するように

しましょう。。

そこからプロに教えてもらいながら100%に近づけていく方が

間違いなく効率がいいです。

 

学校のテストに似ていると思います。

100点を取るまで勉強するのと

70点を取ってから先生に教えてもらいながら100点を目指すなら

間違いなく後者の方が早く成績が上がります。

 

 

2、自分で勉強する習慣をつける

いくらプロの人が教えてくれるとは言え、実際に勉強するのはあなたです。

全然勉強せずに分かりません、出来ませんと言われても

プロの方も困ってしまいます。

 

ですのでスクールに通ったからと言って他人に任せるのではなく

自分で学ぶ意欲を持つ必要があります。

そのような意欲があれば、やる気にも繋がりますし

分からない、出来ないから

コードのエラーが出てこう対応しましたが治らないので分からないです。

サイトを作成しましたが、このコードを入力してもサイト移行が出来ません。

などの質問のクオリティも上がり、プロの方も教えやすくなります。

 

 

3、目標を明確化しておく

実際にプログラミングスクールに通うことになって、

自分がプログラミングで何をしたいのかをある程度明確にしておくのは

大事になります。

 

副業としてプログラミングを活かすのか

それとも本業として活かすのか

それによって学習期間も変わりますし

 

WEB制作をしたいのか、アプリ制作をしたいのかでも

学ぶことは変わってきます。

 

折角一歩踏み出してスクールに通っても、そこで学べることと

自分の目標とするものが違うのでは本末転倒です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上が私が感じる

プログラミングスクールを学ぶうえで大切なことになります。

 

f:id:honobonomag:20220109220619p:plain